プラレールチェーン リンク数計算ツール

HOME > 技術資料 > プラレールチェーン リンク数計算ツール

プラレールチェーンのリンク数を計算します。機種を選び必要事項を入力し、「計算」をクリックしてください。必ず半角数字で入力してください。

【リンクの計算】

  • 機種
  • 移動ストローク( S ) mm
  • 固定端の中間点からの距離( I ) mm


 必要リンク数 リンク

※.移動ストロークが最大移動ストロークを超えました。
ガイドローラ、ガイドレールなどの補助設備をご検討ください。
※.フリースパンが最大フリースパンを超えました。
ガイドローラ、ガイドレールなどの補助設備をご検討ください。
※.移動ストローク、フリースパンが最大移動ストローク、最大フリースパンを超えました。
ガイドローラ、ガイドレールなどの補助設備をご検討ください。

最大移動ストローク、最大フリースパンは、ケーブル・ホース重量によって変化しますので、プラレールチェーン能力線図にてご確認ください。
・プラレールチェーン能力線図はこちら
移動ストロークの設定値が最大移動ストローク、最大フリースパンを超える場合には、ガイドローラ、ガイドレールなどの補助装置をご検討ください。
・ガイドローラ、ガイドレールについてはこちら


リンク数は次の式に従って計算します。


  • n:リンク数(少数点以下は切り上げます。)
  • S:移動ストローク(mm)
  • a:πR+2K(R:屈曲半径(mm)、K:余裕(mm))
  • I:固定端が移動ストロークの中間点にない場合の中間点からの距離(mm)
    (中間点の場合は0)
  • P:ピッチ(mm)

《参考》
プラレールチェーンを使用する際に固定端を移動ストロークの中間点に設定
することにより使用するプラレールチェーンのリンク数を最小にすることが
できます。

  1. ※1.図中の記号:Kとは、プラレールチェーンの最低必要な余裕長さです。移動端と固定端の両方で確保しておく必要があります。(Kの詳細寸法はこちらを参照してください。)
  2. ※2.特殊な走行をご検討の場合は、お問い合わせください。
  3. ※3.固定端の中間点からの距離(I)を右側(プラス方向)に設定した場合、上記で入力した移動ストロークに対してさらに右側にI分だけ移動可能です。また、固定端の中間点からの距離(I)を左側(マイナス方向)に設定した場合、上記で入力した移動ストロークに対してさらに左側にI分だけ移動可能です。
  4. ※4.上記計算式はケーブル・ホース重量が0、移動ストロークの範囲は、中間点からの距離(I)の位置に左右されないとした条件の場合のリンク数を計算します。