真空ポンプ対応ユニットVQP
57/60

40真空機器の用語一覧用 語内 容真空発生器ディフューザ入り口中心にノズルから高速ジェットを吹き込み、エアの慣性力により他の流体をディフューザ中に引き込み真空を発生させる真空ポンプ。真空ポンプ真空回路の空気を大気中に排出し回路内を真空にする機器。多段ノズルエジェクタ式真空発生器複数のディフューザを直列に組合せ、吸込流量を大きくした真空発生器。リングブロー式真空発生器2個のノズルから構成され、そのノズル間の隙間からエアを供給する形態の真空発生器。(粒体、粉体、繊維などの小さく不定形のワークを空気で搬送させる用途に使用)ノズル径真空発生器のノズル最小断面積部の直径。絶対圧力絶対真空(物質・圧力がゼロの状態)をゼロ(基準点)として表示した圧力。単位:kPa absゲージ圧力大気圧をゼロ(基準点)として表示した圧力。単位:kPa G供給圧力真空発生器の供給口に加える空気の圧力。定格圧力定められた条件の下で性能を保証でき、また設計及び使用上の基準となる圧力。到達真空度定格圧力において、真空発生器の吸込み口を閉じた時に発生する最大の真空圧力。大気圧換算到達真空度到達真空度(ゲージ圧)は、測定時の気圧により数値に相違が発生することから、到達真空度を補正した数値。(大気圧換算値){kPa}=(ゲージ圧){kPa}× 1013.25{hPa}/(測定時気圧){hPa}吸込流量真空発生器が吸込む空気の標準空気量(圧力:0.1013MPa、温度:20℃、相対湿度:65%RH)。消費流量真空発生器が消費する圧縮空気の標準空気量(圧力:0.1013MPa、温度:20℃、相対湿度:65%RH)。真空特性ノズル径、到達真空度、吸込流量、消費流量などの真空性能を示した真空パラメータ。空気消費流量特性真空発生器の供給圧力と空気消費流量の関係を表す特性。最大吸込流量特性真空発生器の供給圧力と最大の吸込流量の関係を表す特性。到達真空圧力特性真空発生器の供給圧力と到達真空圧力の関係を表す特性。吸込流量-真空圧力特性定格圧力における真空発生器の吸込流量と真空圧力の関係を表す特性。真空破壊圧力真空回路に圧縮空気を供給し、真空破壊する時の供給圧力。真空破壊流量真空破壊状態を発生させるために必要な空気流量。破壊流量調整弁破壊エアの流量を調整する絞り弁。リリーフ圧力調整弁真空破壊エアの流量制御に対し、真空破壊エア圧力を調整、制御する機構。大気圧破壊弁真空発生停止時、大気圧を導入させる弁。真空発生用バルブ真空発生器へ圧縮空気を供給するバルブ。真空破壊用バルブ真空回路に圧縮空気を供給し、真空破壊をするバルブ。エアタイマ式真空破壊バルブ真空破壊用電磁弁の代わりにタイマシリンダの排気絞り弁などの調整により真空破壊吐出時間を調整するバルブ。基本的には、真空発生用バルブの真空発生が遮断された直後から真空破壊エアは吐出され、破壊時間調整ニードルでその吐出時間を調整する。真空到達時間真空発生器に空気を供給してから、ある真空回路容積内が設定した真空圧力に到達するまでの時間。応答時間真空発生用、真空破壊用バルブに通電、または遮断させてから真空ポートで圧力変化が検出されるまでの時間。吸着パッド吸着を行う主にゴムなどの弾性体のカップ、または皿状の吸着部と吸着部を保持しポートを持つ本体(取り付け金具)からなる機器。吸着部には薄形、深形、じゃばら形、長円形などの形状もある。吸着プレート吸着を行う主に溝のついた金属板や多孔質体の剛性のある平面、または曲面板状の機器。変形しやすい吸着物に用いる。吊上げ吸着パッドや吸着プレートで吸着物を持ち上げること。垂直吊り吸着パッドの吸着面を垂直にした吊り方。吸着面にせん断力を生じる。水平吊り吸着パッドの吸着面を水平にした吊り方。バッファ主にスプリングなどで吸着パッドの押しつけ時の位置の変動を吸収し、衝撃を緩和する機構。首振り形吸着パッド吸着部と本体の間に揺動リンクを持つ吸着パッド。パッド径円形の吸着パッドにおいて真空圧力が生じていない時の被吸着物との接触円の直径。有効パッド径円形の吸着パッドにおいて真空圧力が生じ変形している時の、実際の被吸着物との接触円の直径。吸着面積吸着パッドにおいてパッド径から計算される理論的に真空圧力が作用する吸着面の面積。有効吸着面積吸着パッドにおいて真空圧力を生じ変形している時の、実際に真空圧力が作用する被吸着物との接触部の面積。吊上げ力を真空圧力で割った値に等しい。吊上げ力吸着パッドや吸着プレートで実際に持ち上げることができる荷重。理論吊上げ力吸着パッドの吸着面積と真空圧力の積で、理論的に持ち上げることのできる荷重。真空発生器 総合タイプ真空発生器とその周辺機器からなる基本構成部分。真空発生器、真空発生用バルブ、真空破壊用バルブ、真空用圧力スイッチ、真空用フィルタなどの組合せからなる。サイレンサ(消音器)排気ポートから排出されるエアの騒音を低減させる機器。真空用圧力計真空圧力を表示する計器。真空用フィルタ真空ポンプを塵芥・汚染から保護するため、真空ポンプと吸着パッドなどの大気へ通じる機器との間に取り付けるフィルタ。真空用レギュレータ真空源と真空回路の間に取り付け、真空回路側の圧力を一定に制御する圧力制御弁。真空用圧力スイッチ真空圧力で電気接点(回路)を開閉する機器。真空吸着の状態を確認する場合などに用いる。サーマルプロテクタ(自動復帰型)モータが何らかの異常事態により巻線の温度が著しく上昇した時、設定温度以上になると自動的に通電を遮断し、温度が下がると通電を再開する安全装置。耐熱クラス(絶縁等級)電気製品の電気絶縁について許容温度を基準に区分したもの。当社ポンプに採用しているモータは許容最高温度130℃に耐える材料で絶縁構成されている。排気速度単位時間当たりに排出される気体の標準空気量(圧力:0.1013MPa、温度:20℃、相対湿度:65%RH)。単位:ℓ/(ANR)真空発生器真空ポンプ対応ユニット真空ポンプ真空パッド真空関連機器技術資料

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る