会社情報

HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

1976年 (昭和51年) 10月18日 (株)日本ピスコ(資本金1,800万円)を長野県岡谷市に設立
空気圧機器の配管用継手及びソレノイドバルブの開発・製造・販売開始
1978年 (昭和53年) 空気圧配管用ワンタッチ継手の販売開始
(株)ハーモ、(株)コガネイとワンタッチ継手販売の業務提携締結
1979年 (昭和54年) (株)日本ピスコ増資(新資本金2,700万円)
1981年 (昭和56年) プラスチック成形・金属加工工場を分離
諏訪工場設立
販売会社(株)ハーモ機販(現ピスコ販売)を長野県岡谷市に設立(日本ピスコ本社に併設)
東京営業所開設
1982年 (昭和57年) 大阪営業所・太田営業所開設
1983年 (昭和58年) 現岡谷本社工場を新築(岡谷工場、諏訪工場を移転統合)
名古屋営業所開設
1984年 (昭和59年) 販売・生産拡充により本社工場増築
CIシステム導入
1985年 (昭和60年) 長野営業所開設
1986年 (昭和61年) 新規事業拡充のため、伊那工場(現伊那第一工場)を新築
神奈川営業所開設
1988年 (昭和63年) 海外進出のため、海外事業部開設
福岡営業所、浜松営業所開設
(株)ハーモ機販(現ピスコ販売)増資(新資本金5,700万円)
1989年 (平成1年) NIHON PISCO SINGAPORE PTE.LTD. を設立
広島営業所・八王子営業所開設
伊那工場(現伊那第一工場)第2期・第3期工場増築
1990年 (平成2年) (株)ハーモ機販(現ピスコ販売)本社を伊那に移転
取手営業所・姫路営業所・仙台営業所・金沢営業所開設
1991年 (平成3年) (株)ハーモ機販を(株)ピスコ販売に社名変更
甲府営業所開設
1992年 (平成4年) (株)日本ピスコ増資(新資本金9,450万円)
PISCO TAIWAN CO.,LTD. を設立
ドイツ・フェスト社(現FESTO AG&CO.)とワンタッチ継手他の販売に関する業務提携締結
1993年 (平成5年) PISCO USA, INC. を設立
1994年 (平成6年) ISO 9001 (品質マネジメントシステム)認証取得
1996年 (平成8年) (株)ピスコ販売増資(新資本金9,690万円)
伊那第二工場新築
1997年 (平成9年) (株)日本ピスコ増資(新資本金2億790万円)
伊那第一工場、倉庫棟増築
1998年 (平成10年) ISO 14001 (環境マネジメントシステム)認証取得
1999年 (平成11年) 埼玉営業所開設
PISCO KOREA PNEUMATICS CO.,LTD.を設立
2000年 (平成12年) 京都営業所開設
2001年 (平成13年) (株)パオカス設立
2002年 (平成14年) 神奈川営業所・八王子営業所を統合し、新神奈川営業所を設立
2003年 (平成15年) 伊那第二工場、第2期増築
2005年 (平成17年) 伊那第二工場、第3期増築
(株)アイビス(プラスチック・射出成形・金型設計製作)を子会社化
CKD(株)と真空関連製品他の販売に関する業務提携締結
2006年 (平成18年) 伊那第二工場、第4期増築
創立30周年を迎える
2007年 (平成19年) (株)日本ピスコ増資(新資本金4億8,856万5,000円)
川崎営業所開設
2008年 (平成20年) 伊那第一工場、5号棟改修工事
2009年 (平成21年) 伊那第二工場に太陽光発電システム(400kW)導入
2010年 (平成22年) NIHON PISCO TAIWAN CO.,LTD.を設立
2011年 (平成23年) NIHON PISCO TAIWAN CO.,LTD.工場新築
信州エコ大賞受賞(長野県環境保全協会)
2012年(平成24年) 日刊工業新聞社主催の最優秀経営者顕彰において、社長(現会長)の山崎が最優秀経営者賞を受賞
2013年(平成25年) 伊那第三工場新築(太陽光発電システム(205kW)設置)
新大阪営業所開設
事業拡充のため、伊那第四工場 生産開始
2014年(平成26年) バンコク駐在事務所開設
伊那第一工場、1・3・6号棟改修 新倉庫棟新築
2015年(平成27年) (株)アイビスを吸収合併
伊那第四工場、改修
2016年(平成28年) (株)ピスコ信販を吸収合併
伊那第二工場、第5期増築
2017年(平成29年) 岡崎営業所開設